原料産地国

中国の歴史とセサミン

中国では漢方という薬効がある食べ物や飲み物が古くから親しまれてきました。
その歴史はとても長く、健康長寿の方が多いため全世界で親しまれるようになりました。
最近日本で人気の「セサミン」ですが、中国ではどういった歴史があるのでしょうか。

セサミンは古代エジプトの時代にも愛用されており、中国でも長い歴史があると言われていますが、中国ではいつから使用されていたか、明確な時期はわかりません。
古代エジプト時期にはすでに、ごまが健康に良いと親しまれていたので、その時代にはもうセサミンの歴史が確立していたと考えられています。

中国ではどういった使われ方をしていたのかというと、老化防止や健康維持の為に愛用されていたそうです。
ごまの健康パワーには長年着目し、今では世界で2番目にごまの生産量が多い国でもあります。
現在でもごまが愛され続けているという証拠であり、同様にしている方が多いということです。

また、中国だけではなく、世界各地でごまを使った商品が研究されたり、セサミンのチカラに着目した研究が勧められています。
それだけ、素晴らしい成分だということがわかります。

中国の歴史を見習いたいところですが、日本でもセサミンの歴史はとても長く、研究を続けているメーカーはたくさんあります。
輸出量が多い中国からもそうですが、日本ではごまがあまり生産されていないため世界各国からごまを輸入しています。
病気の予防や疲労回復など多くの効能を持っているセサミンので、これからもどんどん研究が続けられ、効能を活かした商品などが登場していくでしょう。

長年親しまれてきたセサミンの成分ですから、私達日本人も健康長寿の為にぜひ取り入れたいものです。
サプリメントなどの歴史自体は浅いので、昔の方はごまを食生活に取り入れていました。
そう考えると、私たちももっと普段の生活から、健康に良い食べ物を取り入れるべきなのかもしれません。
それだけ長く愛されてきた成分だけに注目したいのです。