セサミンでシミが治る?

セサミンを摂取すればシミが治る、というのは本当でしょうか?
確かにセサミンにはシミを消す効果はありませんが、セサミンの持つ抗酸化作用がシミを防ぎ、その結果としてシミを改善してくれます。
こちらではシミのメカニズムとセサミンの大切さについて紹介します。

シミはメラニンが作るもの、治すにはターンオーバーが大切だけど
シミができると目立ってしまいますよね。
いったいどうしてできてしまうのでしょうか。
その原因はメラニンにあります。
私たちの肌は紫外線やメイク汚れ、摩擦などが原因で生み出された活性酸素によってダメージを受けています。
活性酸素は細胞を酸化させることで傷つける物質です。
この活性酸素のダメージから身を守ってくれるのがメラニンです。
メラニンはメラノサイトという細胞によって作られて、酵素との反応によって黒くなります。
つまりシミは肌を刺激から守った結果なのです。

紫外線によって肌が黒くなる現象と言えば日焼けが一般的ですが、日焼けとシミの色素は同じもので、肌をこすりすぎた時に起きる色素沈着もメラニンによるものです。

メラニンは肌の奥で作られるのでこすり落とせません。
シミを消すには皮膚科でのレーザー治療など選択肢が少ないです。
ですが、日焼けが自然に消えているようにシミが消えてしまうこともありますよね。
これは、肌がターンオーバーをしているからです。

ターンオーバーとはいわゆる肌の生まれ変わりです。
肌は何層にもなっていて古い表皮がはがれおちるたびに新しい肌が作られていきます。
私たちの体から出る垢は役目を終えた古い皮膚です。
シミになった肌も時間が経てば前面に現れてそのままはがれ落ちていきます。

しかし、シミがいつまでたってもなくならない人は要注意です。
シミがなくならないということは、活性酸素のダメージによって肌のターンオーバーが崩れるほどに弱っていることや、絶えず新しいシミが作られていることを意味するからです。
シミを消すことは難しいですが、新しいシミを予防することは普段の心がけで可能です。

セサミンはシミを防ぎ、元気な肌を作ってくれます
シミを防ぐうえでお勧めの栄養素はセサミンです。
セサミンはゴマ由来の成分で高い抗酸化作用を持つことで注目されています。

活性酸素から肌を守るために発生するのがメラニンである以上、活性酸素を減らすことができればシミは予防できます。

セサミンは主に肝臓で抗酸化作用を発揮し、肝臓から血液に乗って全身をめぐる活性酸素を減らします。
こうして、血液中の活性酸素を減らすことで肌の細胞を老化から守ってくれるのです。
活性酸素から肌細胞が守られることで、ターンオーバーも正常に行われます。
ターンオーバーを繰り返すことでシミになった肌もはがれ落ち、きれいな肌に生まれ変わります。
また、活性酸素によってターンオーバーの周期が崩れるリスクも減るというわけです。

さらに、肌に嬉しい効果としてセサミンの血行促進効果があります。
セサミンは血中の中性脂肪と悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにします。
この効果によって肌への栄養が行きわたりやすくなり、老廃物も除去しやすくなります。
しっかりと栄養が行き渡ることで、ターンオーバーによって新しく作られる肌細胞も若々しく健康なものがつくられ、肌の保水力や弾力、バリア機能を維持することができます。

このようにセサミンの抗酸化作用と血行促進の効果により、シミの予防や改善ができます。
シミ以外にもシワの予防や、ニキビや肌荒れなどの様々な肌トラブルに効果的です。

トップに戻る