≪基本なび≫成分としての特徴をまとめ

セサミンは若々しさをサポートする成分として人気の栄養素。
年齢美容にも役立ってくれます。

近年ではサプリメントなどの関連製品が数多く登場していることから知名度が上昇していますが、「ゴマに含有されている健康成分であるということは分かるけど具体的にはどんなものか分からない…」という方も少なくないようです。

そこで、このページでは「セサミンの成分としての特徴」をまとめてみました。

ゴマリグナンの一種である!

セサミンは、正確にはゴマリグナン類に分類される栄養素です。
ゴマリグナンには、セサミンの他にも、セサミノールやセサモリン、セサモールなどが存在します。

これらの成分はそれぞれ異なる特徴を持っていますが、共通しているポイントもあります。

それが、優れた抗酸化作用を持っているという点です。

ごま油は酸化しにくい油である…という特徴がありますが、その背景にあるのが、ゴマリグナンの働きなのです。

セサミノール

セサミノールは、糖分とつながった状態(セサミノール配糖体)で存在します。
ゴマリグナンの中でも、特に優れた抗酸化作用を持っているのが長所です。

セサモリン・セサモール

セサモリンは、黒ごまではなく白ごまに豊富に含有されているのが特徴です。
ゴマが焙煎されると、セサモリンはセサモールに形を変えます。

水に溶けにくい性質を持っているのも、セサモールの特徴の一つです。
セサモールはセサミノール以上に強力な抗酸化作用を持っています。

セサミンと相性の良い成分リスト

セサミンの持つ優れた抗酸化作用は、他の栄養素が体内でしっかりとパワーを発揮するのにも役立ちます。

その為、一般的にセサミンは他の健康成分と同時に摂ることによって、よりパワフルに健康維持に役立ってくれると評価されているのです。

セサミンと相性が良いとされている具体的な成分は以下の通り。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、青魚に含まれているサラサラ成分。
脂質の一種ですが、健康維持に役立つ栄養素として世界的に注目されている栄養素で、WHO(世界保健機関)やFDA(米国食品医薬品局)でも摂取を推奨しています。

生活習慣が乱れがちな方や頭の健康が気になる方におすすめ。
爽やかな日々をサポートしてくれるのが特徴です。
代表的な成分としては、DHAEPAなどが挙げられます。

オメガ3脂肪酸は非常に酸化しやすい性質の為、単体で摂ると体内で簡単に酸化してしまうのが弱点。
十分にパワーを発揮することができません。

セサミンと組み合わせれば、そんな弱点をカバーすることができるので、しっかりと満足度を高めることができます。

その他の健康成分

セサミンと相性の良い成分は、他にも以下のものが挙げられます。

・ビタミンE(美容をサポートする)
・ポリフェノール(抗酸化作用がより強力に!)

また、プロポリスやローヤルゼリーなどの蜜蜂由来物質との相性も抜群!
中高年男性には、ノコギリヤシとの組合せもおすすめです。

その他の美容成分

年齢美容にセサミンを活用する場合は、美容成分を組み合わせるのがおすすめ。
相性の良い成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸などが挙げられます。

また、上記したオメガ3脂肪酸の同時摂取は美容にも役立ちます!
同時に摂ることによって、潤いと弾力をしっかり役立てることができるようになるのでおすすめです!

トップに戻る