セサミンと善玉コレステロール

不健康な生活を続けると増えてしまう悪玉コレステロール。
最近はコレステロールの少ない食用油やコレステロールを減らすためのサプリメントもたくさん出ていますね。
こちらの記事では悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす必要性と、セサミンが善玉コレステロールを増やしてくれる理由について紹介します。

善玉コレステロールが増えることの意味は?
私たち日本人の食生活は野菜や魚介類が中心でしたが、食の欧米化が進んだ結果として肉食の機会が増えてきました。
そのせいか、私たちの体内にある善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えてきているのです。

善玉コレステロールの量を増やすことは血管を正常に保つことに関わります。
私たちが気を付けるべき血管の病気といえば高血圧や動脈硬化、心筋梗塞や脳卒中などですが、これらは血管の状態が大きく関わっているので、これらの疾病を予防するうえでも善玉コレステロールが大切です。

そもそも、コレステロールはホルモンや細胞膜を作る重要な物質なのですが食生活が乱れたり肝機能が衰えたりすると悪玉コレステロールが増えてしまいます。
悪玉コレステロールは酸化や糖化することで血管の中に溜まり、内側に膨らませてしまいます。
これが動脈硬化の原因であり、血管を詰まらせる血栓にもなります。

この血管に溜まった悪玉コレステロールを減らして血管を正常に戻すのが善玉コレステロールの役目です。

セサミンはこのように善玉コレステロールを増やしてくれます
善玉コレステロールを増やす成分として注目されているのがセサミンです。
セサミンには以下のような効果があり、善玉コレステロールの増加を助けます。

肝機能の改善
セサミンには肝臓の機能を助ける効果があります。
肝臓はその働きが弱まると善玉コレステロールの生成量が減って悪玉コレステロールの生成が増えるため、セサミンを摂取することで善玉コレステロールの生成が増加します。
また、肝機能を改善することでアルコールの分解も助けてくれます。

血中の中性脂肪値を下げる
血中の中性脂肪値が増えると悪玉コレステロールが増え、善玉コレステロールが減少します。
セサミンは肝臓の脂質代謝を正常にすることで血中の中性脂肪値を下げて血液をサラサラにする効果があるので、善玉コレステロールの増加や高血圧対策に効果的です。
同様の効果を持つものとしてはDHA・EPAが有名で、セサミンと両方を一緒に摂れるサプリメントもあります。

血中の悪玉コレステロール値も下げる
さらにセサミンには血中の悪玉コレステロールを減らす働きもあります。
悪玉コレステロールに直接働きかけてくれるのは嬉しいですね。

抗酸化作用
そして、セサミンは優れた抗酸化作用を持つことでも知られています。
抗酸化作用は細胞に悪影響を与える活性酸素を除去することで体を元気にします。
また、使われなかった悪玉コレステロールを酸化から守る効果があるので動脈硬化の予防に役立ちます。

トップに戻る