原料産地国

セサミンの摂取目安量

セサミンは抗酸化力を持った成分で、身体に様々な良い影響を与えてくれる成分です。
是非とも毎日取り入れたいところですが、人は1日にどれくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか。
また、セサミンの原料であるごまなら、1日にどれくらい食べれば健康サポートになるのでしょうか。

日本では国内で消費されているごまの9割以上を輸入しています。
ごまは体に良いと言いますから、多くの人が食べますが、毎日毎日ごまを食べる方はあまりいません。
セサミンの摂取目安量から、1日に何粒ごまを食べたら良いのかというと、実は3,000粒ものごまを食べなければ1日の摂取目安量に到達しないとのことです。

3,000粒も毎日日本人がごまを食べたら、国内のごま、そして輸入しているごまだけでは到底足りません。
1日にそれだけごまを食べたら、カロリーも気になるところですし、3,000粒も食べていたら毎日がカロリーオーバーです。

そう考えると、1日に必要な量を必要なだけ、そしてセサミンだけを摂りたいところですが、セサミンの摂取目安量は、なんと1日10㎎程度です。
だいたい8㎎から10㎎程度が、ごま3,000粒に値します。
10㎎といえば小さなスプーン半分くらいの量ですから、それくらいなら簡単に摂取することができます。

サプリメントや健康食品は、たいていが1日10㎎摂取できるように作られています。
摂取目安量分だけのセサミンを摂取したいのなら、サプリメントに頼る方法が一番効率的です。

また、ごまは分厚い皮に包まれているので、そのまま3,000粒食べたところでしっかり成分だけを得られるわけではありません。
体に吸収されにくいので、すりつぶして食べる方法が良いですが3,000粒を毎日すりつぶすのも大変でしょう。
油も多く含まれるごまなので、効率的に摂取したい方はサプリメントに頼った方が効果的なのです。

食品から栄養を摂取するよりも、サプリメントは手軽に栄養だけを摂取することができます。
病気になったとき、人は薬を飲みますが薬ばかりに頼るのはどうかと感じます。
セサミンのサプリメントで健康を維持することで、自分のチカラと食べ物のチカラだけを使って健康を保つことができます。
セサミンを毎日摂取して、健康で長生きできる生活を送りましょう。