セサミンの血行促進効果

肩こり、冷え性、肌荒れ、ストレス、むくみ、貧血…血行は体中の健康と深くかかわっています。
血の巡りが良い人は代謝が健全ですが、血行が悪いと代謝がうまくいかずに老廃物が溜まりがちです。
こちらでは血行を促進することによる良い影響と、セサミンが血行促進を助ける理由を紹介します。


セサミンは血液サラサラ効果があります 現代人の生活で増えがちな悪玉コレステロールと中性脂肪ですが、増えすぎると血液がドロドロになってしまいます。
セサミンには血中の悪玉コレステロール値と中性脂肪値を下げる効果があるため、血液をサラサラにしてくれます。
さらに、善玉コレステロールを減らす効果もあるため血管に溜まったコレステロールを掃除してくれます。

悪玉コレステロールは増えすぎると血管壁に入り込んで蓄積する性質を持っています。
それがどんどん進行すると血管壁は分厚くなり柔軟性を失います。
このような状態のことを動脈硬化といいます。
血行が悪くなると代謝に悪影響が出るだけでなく、血管のつまりや破れにもつながります。
血管が狭くなったことで高血圧になってしまうからです。

セサミンは活性酸素を除去する抗酸化作用によって、毒素のダメージを受けがちな肝臓を助けてくれます。
肝臓が体内の有害物質をしっかり解毒することは代謝を良くする効果や悪玉コレステロールを減らす効果につながります。
活性酸素は細胞を傷つける危ない物質なのでセサミンの摂取は肝機能改善以外の効果も期待できます。


血行を促進するとどんな良いことがあるのか このように、セサミンは血行を促進してくれますが血行が良くなるとどんな良い影響が出るのでしょうか?

循環器系や脳の病気のリスクが減る 血管の状態を自覚することはできませんが、血行の悪い状態は体のあちこちに負担を与えています。
それは血管を送り出すポンプである心臓も一緒です。
血行が安定すると心臓の負担が減り不整脈や心不全のリスクが減ります。
また、脳は毛細血管が多いため、ドロドロの血液だと血栓が詰まりやすくなります。
そのため、血行促進は脳梗塞や脳出血などのリスクも減らします。
高血圧なら血行も良いのではと思われますが、動脈が狭くなっている場合は、血行が悪くかつ血圧が高い危険な状態です。
セサミンで血行を促進して、恐ろしい血管系疾患のリスクを高める動脈硬化や高血圧を予防しましょう。


冷え性が改善される 血液は栄養素と酸素、そして熱を送る働きがあります。
血行が悪い人は体の末端に血が行きわたるまで時間がかかりますから、その結果として体の末端が冷たく感じるのです。
セサミンの効果で全身の血液のめぐりが良くなることで、冷え性の改善が期待できます。


肌がつやつやになる 血行が良い人は正常に新陳代謝が行われるため、肌の代謝も健全です。
ターンオーバーが健全に行われることで、老廃物が溜まりがちだった肌がデトックスされ、シミやニキビの改善が期待できます。


肩こりの改善 肩こりも血流が関わっています。
肩こりは筋肉が凝り固まって血流が悪くなり老廃物が溜まった状態なので、血行が良くなれば肩や腰などのコリが改善されます。
肩を圧迫するマッサージもいちど締め付けて血流を良くするためのものです。


むくみ改善 むくみは体内に溜まった水分を血液に押し返せない状態で、血行が良くない時に現れる症状のひとつです。
血行が良くなれば余分な水分を押し返すことができるので脚や顔がすっきりします。
ただし、むくみは血流が強すぎる時になることもあります。

血行を良くすることは体全体の健康を保つうえで重要です。
セサミンを摂取してサラサラな血液としなやかな血管を守っていきましょう。

トップに戻る