原料産地国

セサミンの原料産地国は?

日本ではごまの生産はとても少なく、そのほとんどを輸入に頼っています。
国産ものはとても値段が高く、輸入物はとても安いという特徴がありますが、それは単純に輸入量が多いという理由、もしくは原産国の安全性が不明だから安いという理由があります。
安全かどうかわからない商品を食べたくはないでしょう。
セサミンを摂取する際に気になる、原料産地国について見てみましょう。

サプリメントや健康食品のパッケージ裏面を見てみると、配合されている成分や原産国について書かれています。
一般的には「原材料」と記載されていますが、そのほとんどが原産国について書いていません。
国産のごまを使った商品は日本にほとんどないため、もし日本で作られたごまを使って作られたセサミンサプリメントを探すなら、とても苦労して探さなければいけません。

通常は、セサミン以外にも様々な成分を配合した商品が多く、原材料からサプリメントを選ばれる方も多いでしょう。
にんにくや高麗人参など健康に良い原材料が使われていると、とても安心できます。

ごまの産地はほとんどがインドやアフリカ、中国などです。
輸入して作られるサプリメントがほとんどな中、実は日本は他の国と比べると、品質管理に厳しいという特徴があります。

サプリメントに使用されるごまは、輸入されると厳しい日本の品質チェックを受けます。
そして更に、メーカー独自の品質管理を施しながら、厳しい管理が行われているため、輸入物のごまを使っていても安全な商品へと仕上がっています。
セサミンの原料産地国を調べた時に、不明確なものも多いかと思いますが、日本のサプリメントはとても安全にできているので私達消費者としてはとても安心です。

サプリメントメーカーのホームページなどを見てみると、丁寧な説明が記載されています。
それを見ると、品質にとても自信があることが伺えます。
セサミンサプリを購入しようと考えている方は、原産国や原材料について調べて、安心できるメーカーから購入しましょう。